蒜山耕藝のお米と野菜

数年前に、雑誌の「移住」特集で取材した、岡山・蒜山の蒜山耕藝。若い夫婦と友人による農のユニットで、農薬も肥料も使わず自然栽培で米や野菜を育てています。

そのおいしさもさることながら、彼らの清らかな笑顔と、社会を耕すという考え方がずっと心に残っていました。

土が健全であれば、野菜は自分の力で生きていく。

人間が生きたいように生きるにも、社会という土壌が健全でなければならないのでは?

そんな思いで毎日土を耕している人たち。

蒜山という土地はクリエイティブな人々を惹きつけるようで、今、料理人や工芸作家、チーズ職人など面白い人達が集まってきています。

井川直子 | naoko ikawa

文筆業。