オ・タン・ジャディス×オルランド

3年間つづいたこの連載も、最終回。
締めは渋谷のエノテカ「オルランド」の小串貴昌さん、ご本人も爽やかに登場です。
「料理の写真を撮る時点で、飲食人として負け。」「自分の頭で記憶したものしか、引き出しにならない。」
真似とオリジナリティ、世界観の作り方。
これからお店を持ちたい人にも読んでほしい言葉が溢れています。
メトロミニッツ読者のみなさん、ご愛読ありがとうございました。

井川直子 | naoko ikawa

文筆業。