エッセイ「人生の微粒子」

「人生の微粒子」というエッセイを書きました。

文藝春秋の、『文學界』という、考えればふるえるような媒体だったので、いっそ考えないことにしたのはいいものの、何もこんなにもあほな中三時代の過去を大公開しなくても……。

掲載誌が届いて、表紙に躍る作家の方々のお名前を見たりして、遅れてやってきた激しい動揺。えーん、あほ過ぎる。

井川直子 | naoko ikawa

文筆業。