レンゲ

新宿三丁目、スナック居抜きの「チャイニーズタパス レンゲ」から、銀座のビル9階「レンゲ エキュリオシティ」へ。その間、師匠の店とのかけもちを2年半。人の2倍の濃密さで生きているような料理人、西岡英俊さんと「レンゲ」の10年。

常に「おもしろい」がアンテナにひっかかる彼の頭の中は、宝箱です。

濃度は濃く、感度は高く。という人だから、そのずーっと先にある極めてナチュラルな夢は、ちょっと意外でした。

井川直子 | naoko ikawa

文筆業。