「バール ア フロマージュ スーヴォワル」料理通信 2018.10.6

人気特集「小さくて強い店」シリーズ。今号は連載のほか、特集記事も書いています。

特集では、三軒茶屋で酒を醸す「三軒茶屋醸造所」と併設の酒場「Whim sake & tapas」。新規の日本酒蔵の立ち上げは事実上不可能といわれる中、清酒でなく「どぶろく」や「ボタニカルSAKE」でマイクロ蔵を立ち上げました。「僕らが前例になる」という言葉、気持ちがいい!

もう一軒は、神戸から山梨・北杜市にお好み焼きを持って移住した「サンデイズフード」。移住して「飲食店でも開けようか」では決してつくれない、プロの心地よさがありました。


連載・新米オーナーズストーリーは、二子玉川「バール ア フロマージュ スーヴォワル」。

フランス・ジュラ地方を入口に、産膜酵母の世界へ誘うお店。産膜酵母って? それは本誌をどうぞ。


井川直子 | naoko ikawa

文筆業。